トップ - 茨城大学フロンティア応用原子科学研究センター 物質構造物理研究室

茨城大学フロンティア応用原子科学研究センター 物質構造物理研究室のHPです。
Material Structure Physics Lab., Frontier Research Center for Applied Atomic Sciences,
Ibaraki University, Tokai, Japan

Material Structure Physics Lab.


updated 2022.4.20

 ***************************************************************
 **                                                           **
 ** 私達の研究室では、中性子線やX線の散乱実験によって、強相関電子系物質や磁性体物質などの物性物理学を研究しています。  **
 **                                                           **
 ***************************************************************

(全ての"News & Information"はこちら)

2022.4.20
東京大学物性研究所短期研究会「中性子散乱研究会 - 海外実験支援プログラムの成果報告と、再稼働したJRR-3の現在地 -」 (2022.4.18-4.20)にて成果発表(依頼講演)をしました。発表タイトルは研究成果(Conference etc.)にあります。
2022.3.9
2021年度量子ビームサイエンスフェスタ(第13回MLFシンポジウム, 第39回PFシンポジウム)(オンライン開催、2022.3.7−3.9)にて、学生全員がポスター発表しました。
詳細は研究成果(Conference etc.)にあります。
2022.3.7
4年生が卒業研究発表会で成果を披露しました。
・熊田隆伸君「Eu3Rh4Sn13の結晶構造相転移と反強磁気秩序の量子ビーム散乱研究」
・西口日向君「La3Co4Sn13における結晶構造相転移と超伝導」
・尾本星太君「Gd3Ir4Sn13の単結晶合成と放射光X線回折による構造相転移の研究」
それぞれが合成した物質での結晶構造・磁性・超伝導に関する新たな研究成果まとめた発表ができました。卒業おめでとう!今後の活躍を期待します。
2022.2.3-2.9, 2.21-2.28
J-PARC物質・生命科学実験施設BL14, BL18において、学位研究活動の一環としてNd3Rh4Sn13やEu3Rh4Sn13の磁気状態を明らかにする中性子散乱実験を行いました。J-PARC装置グループと試料環境グループの皆様のご支援に感謝します。
図
 J-PARC BL18の中性子回折装置「千手」。

2022.2.11
研究論文"Multipole polaron in the devil’s staircase of CeSb"が論文誌 Nature Materials に掲載されました(論文誌ウェブサイト)。
CeSbの逐次磁気相転移をもたらす電子状態は、少数キャリア−磁気ポーラロン状態として理解されてきましたが、高分解能光電子分光・ラマン散乱・中性子散乱などにより、Ce 4f電子の軌道励起も絡んだ物性現象であることを新たに見出しました(研究成果ページプレスリリース)。
本研究は、東京大学物性研究所、東京大学大学院工学系研究科、大阪大学大学院理学研究科、物質・材料研究機構、日本原子力研究開発機構との共同研究です。
2021.12.3
日本中性子科学会第21回年会(オンライン開催、2021.12.1-12.3)にて、岩佐が「Ce3Ir4Sn13のカイラル結晶構造相における磁気状態」と題する研究成果を口頭発表しました。
詳細は研究成果(Conference etc.)にあります。
2021.11.2
研究論文"Magnetic excitations in chiral-structure phase of Ce3Ir4Sn13"が日本物理学会論文誌 Journal of the Physical Society of Japanに掲載されました。この物質のカイラル構造相転移を明らかにした放射光X線回折結果と、中性子散乱によって測定した抑制された磁気状態での磁気励起を見出しました(研究成果ページ)。
本研究は、高エネルギー加速器研究機構, J-PARCセンター, Rutherford Appleton Laboratory, University of Johannesburgとの共同研究です。
2021.10.1
強相関電子系国際会議SCES20/21(オンライン開催、2021.9.27-10.1)にて、岩佐が成果を口頭発表しました。"Superconductivity enhancement and quantum critical point of chiral structure induced by atomic substitutions in La3T4Sn13 (T = Co and Rh)"とした発表タイトルで、所属学生さんたちが継続して取り組んできた超伝導の量子臨界現象の成果を示しました[研究成果(Conference etc.)]
2021.9.20-23
日本物理学会秋季大会(オンライン開催、2021.9.20-23)にて、下田さん・岩佐が成果発表しました。発表タイトルは研究成果(Conference etc.)にあります。
下田さんは卒研から継続しているNd3Rh4Sn13の結晶構造相転移との磁気相転移の放射光X線と中性子の回折実験を報告しました。
2021.8.27-8.31
アメリカ・オークリッジ国立研究所の研究用原子炉HFIRに設置された熱中性子三軸型分光器HB3を用いて、Ce3Ir4Sn13の結晶場磁気励起を観測するオンライン実験を行いました。
2021.7.12
日本原子力研究開発機構JAEAの研究用原子炉JRR-3が10年半ぶりに再稼働しました。茨城大学では量子線科学専攻の活動も兼ねて、熱中性子三軸型分光器T1-1 (HQR)の運用を担当します。まずは分光器の調整作業を実施し測定が可能な状態にしました。今後、学生のみなさんが研究教育に利用していきます。この活動は東京大学物性研究所附属中性子科学研究施設との協定に基づきます。
図
 JRR-3のガイドホールに設置された熱中性子三軸型分光器T1-1 (HQR)。

2021.7.3-7.7
J-PARC物質・生命科学実験施設BL14において、Nd3Rh4Sn13のマグノン励起を明らかにする中性子回折実験を行いました。美しい分散関係が測定でき、J-PARC装置グループと試料環境グループの皆様のご支援に感謝します。
2021.6.24-6.30
KEK(高エネルギー加速器研究機構)放射光施設BL-4Cにおいて、Nd3Ir4Sn13とEu3Rh4Sn13の結晶構造と磁気構造を明らかにする共鳴磁気散乱実験を行いました。
2021.6.4-6.10
KEK(高エネルギー加速器研究機構)放射光施設BL-8Aにおいて、Nd3Ir4Sn13, Eu3Rh4Sn13, La3(Co1-xRux)4Sn13, Gd3Ir4Sn13の結晶構造を明らかにする実験を行いました。4年生も卒業研究の一環として初の量子ビーム研究施設での本格実験を実施しました。研究実施を許可くださったKEKに感謝いたします。
2021.5.28-6.3
アメリカ・オークリッジ国立研究所の研究用原子炉HFIRに設置された冷中性子三軸型分光器CTAXを用いて、Ce3Ir4Sn13の低エネルギー磁気励起を観測するオンライン実験を行いました。
2021.4.5
新年度研究室を始動しました。新たに3名の学生さんが加わりました(メンバーページ)。

学部生及び大学院進学希望者の方へ

研究内容や雰囲気、セミナーの様子など研究室選びに必要な情報をまとめました。


詳しくはこちらへLinkIcon

研究内容

私たちの研究室では、中性子線やX線の散乱実験によって、強相関電子系物質や磁性体物質などの電子がもたらす性質に着目した物性物理学を研究しています。


詳しくはこちらへLinkIcon

研究成果

論文投稿、学会での口頭発表やポスター発表などをまとめました。


詳しくはこちらへLinkIcon


住所及び連絡先

319-1106 茨城県那珂郡東海村白方162-1
       いばらき量子ビーム研究センター内
茨城大学フロンティア応用原子科学研究センター
物質構造物理研究室
Tel:029-352-3238 Fax:029-287-7872

郵便物等は上記に個人名を加えてください。
居室はD310です。詳しくはメンバーページをご参照ください。

 

Google Maps API: IQBRC

いばらき量子ビームセンター内に茨城大学フロンティア応用原子科学研究センターがあります。